マイホーム

マイホームの頭金はいくら必要なの?頭金なしでも買える理由とリスク

 

こんにちは!夢のマイホームを手に入れたてばさきです。

家を買うときに必要なお金として最初に思い浮かぶのが頭金ですよね。

家を買うには頭金が必要みたいだけど一体いくら用意すればいいの?

今ある貯金はなるだけ残しておきたいし、頭金なしでも家って買えるもんなの?

こんな疑問に答えていきたいと思います。

 

script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

頭金とは?

頭金とはマイホームの価格から住宅ローンの借入額を差し引いた金額のことを指します。

 

住宅価格(代金) − 住宅ローン借入額 = 頭金

 

私が現在住んでいる家は2850万円で購入しました。

契約時に手付金※として50万円支払ったのでそのまま頭金として充当されました。

 

なのでうちの場合だと

2850万円 − 2800万円 = 50万円

というように頭金の50万円が家の価格から差し引かれたということですね。

 

ちなみに頭金は現金で支払うのが普通です。

頭金を借りたりローンを組むことはできないので注意しましょう。

手付金って何?

手付金は売買契約時に支払う証拠金です。

いわば『私はこの物件を買いますよ。』という約束のお金ですね。

 

もし他に契約したい物件を見つけて、買主が契約を破棄したい場合は手付金は『放棄』することになります。

逆に、売主が他に売りたい客を見つけて契約を破棄したい場合は手付金×2の『倍額』戻ってきます。

 

つまり、「絶対にこの物件は横取りされたくない!」ってときは手付金を多くしておくと独占できる可能性が高いということですね!

 

手付金の相場は住宅価格の5%〜10%が相場ですが、自分で価格を設定できる場合もあります。

 

マイホームに頭金はいくらくらい必要?

頭金は手持ちのお金から支払うことになる住宅価格の一部です。

では頭金は一体いくら必要なんでしょうか?

 

頭金は家の価格の20%以上用意するのが理想と言われています。

2850万円のだと頭金は570万円必要ということになりますが、私が実際支払ったのは手付金の50万円のみです。

なので必ずしも家価格の2割の頭金が必要というわけではありません。

 

新築マンションや分譲一戸建ての場合は手付け金として家価格の10%が必要になる物件もあります。

ですが、そういった場合を除けば私のように少額の手付け金や頭金0でも家を買うことは可能です。

 

マイホームは頭金なしでも買えるって本当?

頭金0でもマイホームを購入することは可能です。

最近だと家価格の全額ローンを組める商品が多いため、フルローンでマイホームを買う人が増えています。

ですが頭金0で買うことが可能であっても、頭金0で買っても大丈夫かどうかは別問題。

 

頭金0でローンを組むと

    融資の審査が厳しくなる
    1. 利息が少なくならない

というデメリットもあります。

 

審査が厳しくなるので年収が低かったり既に車のローンを抱えている人にとっては不利になってきます。

頭金を入れておくことで信用も上がりますし、利息も減るので多く用意するに越したことはありません。

 

ですが前述した通り頭金0でもローンを組むことはできます。

頭金を用意しないことで伴うデメリットも理解した上でフルローンを組むか否か検討してみましょう。

 

頭金なしでもOK。でも諸費用分の貯金は必要!

頭金0でもローンを組めることがわかってもらえたと思います。

ということは、貯金が全然なくても家を買うことができるってことだよね!

いえいえ!とんでもない!

頭金なしでも全額ローンを組むことで家を買うことは出来ますが、家価格以外に必要になってくるお金があります。

土地代や家の代金以外にかかるお金を諸費用と言います。

家の総予算

頭金+借入額+諸費用

諸費用って何?いくらかかるの?

諸費用は土地や建物の代金以外にかかってくるお金のことです。

つまり2850万円の家を購入した私もそれ以外の諸費用を貯金から支払っています。

ざっくりですが諸費用は300万円ほどかかりましたね…

諸費用の目安は物件価格の5%〜8%なのでこれはかかりすぎなのですが、想像よりも多くお金が出て行くと思っておいたほうがいいです。

 

諸費用の概要は以下の通りです。

住宅ローンを借りるときにかかる諸費用 事務手数料、印紙代、保証料、火災保険料、地震保険料、団体信用生命保険料
中古住宅や土地の購入にかかる諸費用 仲介手数料
税金・登記費用 不動産取得税、登録免許税、司法書士・土地家屋調査士報酬料、印紙代、固定資産税等の精算金
その他 引っ越し代、カーテン、照明器具代、家具代、オプション費用

 

項目だけ見ても何が何だかよく分からないですよね。

つまるところ、住宅ローンの契約にかかる費用、不動産登記費用、仲介手数料、その他の住むための費用がかさんでくるってことなんですよね。

私の場合ですとざっくりこんな感じです。

住宅ローンの契約にかかった費用…90万円

不動産登記費用…45万円

仲介手数料…65万円

その他…150万円

その他でめっちゃお金がかかってますが、家具・家電などの生活用品を全て揃えるだけでも100万円かかりました。

義両親の家で同居していたので、生活のための道具はほどんど持ってなかったんですよね…

なので、家具や家電などの生活用品を既に持っている方はもう少し少ない金額で済むかと思います。

残りの50万円は外構の追加の工事費やカーテン工事費用などが主です。

他にも引っ越し代やカーテン代、テレビのアンテナ代などなんやかんや細かい費用が必要になってくるんですよね〜

 

なので物件価格にもよりますが、300万円くらいはかかると思っておいたほうがいいと思います。

頭金は0でも問題ないですが、諸費用に関しては貯金からどんどん支払っていくことになるので、手元に残しておくお金と諸費用に回せる自己資金をあらかじめシュミレーションしておきましょう。

 

諸費用をローンで調達する手段もあります。

ですが、はっきり言ってオススメはしません。

何故なら諸費用ローンは住宅ローンよりも大幅に金利が高いからです。

毎月の返済額が跳ね上がることになりかねないので、諸費用だけは何とか準備してほしいと思います。

 

『どうしても諸費用を準備することができない…』

という方。

最近では諸費用分も住宅ローンとして借りられる住宅ローンも増えているので金融機関に一度相談してみましょう。

まとめ:マイホームは頭金なしでも購入可能。ただし諸費用は必ず準備しておこう

今回の記事のまとめとしましては

    1. 頭金0でもマイホームは購入できる。

ただし、諸費用は300万円以上と多めに準備しておくべき。

という内容でした。

結論、マイホームを購入するときに一番ネックになるのは頭金ではなく、諸費用をどれだけ準備できるかと言うことなんですよね。

諸費用を自己資金から捻出することを考えると、手元に残すお金を考えても貯金額500万円からがスタートラインになります。

 

届いていない方はもう少し頑張って貯金額を増やしていきましょう!

 

ではまたノシ